人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

基本中の基本

モテる手のつなぎ方

投稿日:

女性との初めてのデートや食事の時には必ず手をつなごう。

手ぐらいならとりあえずつないでも良いかなと考える女性はかなり多いもので、初めてのデートで手を男性自ら率先してつなぐことで女性に自分の好意をアピールできるのである。

ただ、いきなりこんにちは、手つなごうと言ってつなぐのでは味気ないし女性も『え?なんで』と思ってしまうので、ここではごく自然に女性をキュンとさせる手のつなぎ方を紹介する。

 

人混みの中を歩くとき

混んだ街中で道路でやや強引に手を引かれたいと思っている女性は多い。実際に手を引いて歩くことで、男性が主導権を握って「デートをリードしてくれた」と女性から思ってもらえる効果もあるのだ。

人混みの中で手をつなぐ時は必ず

 

男性
はぐれたら困るから

 

と一声かけて女性が返事する前に強引につないでしまおう。人混みで危ないからと女性の心配をしていると思われて女性は悪い気はしないのだ。

 

階段を登るとき

階段を上って疲れてきたときに手を差し出すと、思わず握り返したくなるという女性も多い。高いヒールを履いている女性なんか特に階段では支えがほしいものである。女性が転んだら危ないという意識を持って、

 

男性
大丈夫?つかまって良いよ

 

とレディーファースト的な気遣いをしつつ、同時に肉体的なタフさをアピールする効果も期待できるのである。女性からは危ない階段で手をさっとつないでもらえると助かると同時に、気が効く男と思ってもらえるのだ。

 

満員電車や混んでるエレベーターの中

普段は満員電車に乗るには嫌な思いをするものだと思うのだが、女性とのデートの時に満員の狭い空間は女性との距離を詰めるチャンスとなる。

 

 

満員電車内のような狭い空間で、密かに手を握られるシチュエーションに憧れる女性もかなり多いのだ。この時に手をつなぐ時には言葉はいらない。無言でも手から緊張が伝わって、ドキドキする気持ちを共有できるのである。

この時に、女性がどこか他の場所に行ってしまって離れてしまわないようにしっかりと自分の近くに引き寄せよう。人間には自分の体から50センチの自分のテリトリーがあり、普段の生活ではそのテリトリーに入ってしまうと不快に感じてしまうものであり、むやみにそのテリトリーを侵害してはいけない。このテリトリーを侵害して良いのは自分が認めた(好きな)相手だけなのである。

しかし、混んでいる場所で無理なくこのテリトリーを侵害することで自分を女性の認めた相手と認識させることができ、女性をドキドキさせることができるのである。

狙って満員の狭い空間を作ることは難しいのだが、デート中に密着できるチャンスがあればしっかりと手をつないで、堂々と自分の方に引き寄せるように心がけよう。

 

まとめ

理想のシチュエーションは人によって様々だが、男性に少し強引に手を握られたいと思っている女性は多いので自信を持って最初のデートの時から手をつないでいこう。

ほとんどないと思うが、万が一女性が嫌がった場合は「まだ早かった」と素直に手を放して、もうしばらくデートを重ねてみる方が良いだろう。

大切なのは理由をつけること。ただ自分の下心で手をつなぐのではなく、危なくて女性を守りたいから手をつなぐんだよ、ということを伝えられるシュチュエーションでしっかりと手をつないでいこう。

自然な流れから必ず男性から手をつないでいくということを心がけよう。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-基本中の基本

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.