人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

基本中の基本

ママ活は危険がいっぱい

投稿日:

 

ママ活をしたとして高校2年生の男子が補導されたとのことで、最近ちまたでパパ活ならぬママ活が噂になり気になっている人も多いのではないかと思う。

ここではママ活を紹介する。

 

そもそもママ活とは

若い男性が年上の女性とデートをして、見返りに金銭を享受すること。だいたいの相場は2〜3時間で食事や、カラオケなどをすることで相場はだいたい5千円から2万円くらい。

もちろん個人間での契約なので値段はバラバラだが、だいたい1万円貰えれば良いと思っている男性は多い。

食事だけのデートだけではなく、体の関係も求めて男性が納得すれば体の関係に発展するママ活もある。その場合相場はプラスで2万くらい。

食事代はカラオケ代などデートでかかるお金はママが支払う。ただし、女性が支払うことに抵抗がある場合は男性にあらかじめ代金を渡して払ってもらうこともある。

ママ活男子の職業は、若手読者モデル、若手俳優、若手バンドマン、若手バーテンダー、若手美容師など多岐に渡る。

若くてビジュアルが良い若い男性でコミュニケーション能力がそこそこあればママ活できる。

 

ママ活のママはどんな人?

ホストで遊んだ経験のある大人の女性が、ママ活のほうがコスパが段違いに良くホストよりも素人の男性と遊びたいとママ活を始めている。

これは男性のパパ活でも同じようが減少が起こっていて、キャバ嬢とデートするよりも素人の女性とデートしたいという男性のほうが圧倒的に多い。

 

 

ホストで1時間で何万円も払っていた女性からすると、2、3時間の食事デートに付き合ってもらって1万円を渡すことは、なんてことのない行為なのである。

さらに、ホストクラブには行きたかったけど経済的に無理そうだし、やっぱり怖いという女性達も素人の男性とのデートなら気軽にできるかもということで、ママ活がここ最近普及しているのだ。

 

ママ活は大変?

ちなみに20歳未満の男子は犯罪になってしまうので、ママ活は大人になってからでないとできないものである。

「デートしてお金もらえるなんて、大変じゃないの?」という疑問がわいてくるだろう。

私の答えはとても大変であると答えて良いかと思う。

何よりお金のためとはいえ、お年を召した女性とのデートはなかなか精神的にくるものがある。綺麗なお姉さんなんかもちろんお金を払う必要などないので、甘い夢は見ないように覚悟が必要だ。

おそらくほとんどのママ活紹介サイトは出会い系アフィリエイトの報酬目的で、出会い系でのママ活を勧めているかと思うのだがゲイなども成りすましていたり、美人局やネットワークビジネス業者、宗教の勧誘などママ活募集は危険がいっぱいであるといえる。

プライベートの時間を使うことになり、ホストと違って店も守ってくれず全て自分の責任になるので、いつママ活を知った相手の旦那さんから連絡がきても自分で処理しなければならないし、万が一ママがママ活男子に惚れて一途になってしまうと余計な嫌がらせや危険な事件になりかねないので、まだまだママ活はリスクはあるというのを覚えておこう。

お年を召した女性というのは非常に恐ろしいものというのは覚えておいてもらいたい。

どうしてもママ活したい場合は、ツイッターで募集、ナンパする、レンタル彼氏サービスなど利用するのが良いだろう。

 

ママ活まとめ

若い大切な時間にバイト代わりにママ活をしようと気軽に考えるのは、リスクも高く私はお勧めしない。

パパ活と比べてママ活はまだまだ相場も安く、100万単位で貰うことはとても難しい。

ママ活で小金を稼ぐより、自分の将来に繋がることを(資格など)一生懸命勉強したり、ホストを必死にやって大金を稼ぐなり、投資を学ぶなどやることはたくさんあるかと思う。

モテる男になれば自分のやることを真剣に伝えれば、女性は応援してくれて自分に投資してくれたりもする。

私は若い男性こそモテる勉強をするべきだと思うし、若い時の行動は将来の自分を形成するのに重要な役割を担うのでよく考えて行動してもらいたい。

ママ活自体にはお互いの同意のもとで行われることであり、20歳以上であればママ活自体は犯罪でもなんでもないので、これからもどんどんママ活するママもママ活男子も増えていくことだろう。

くれぐれもママ活をやる、またはやっている男子は注意してほしい。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-基本中の基本

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.