人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

基本中の基本

自分の会話のターンを意識しよう

投稿日:

女性との会話は聞き上手になる(相づちを的確に打つ)ことが重要と私は書いているが、もちろんそれだけではダメであなたがきちんと自分の言葉で伝えるという自分のターンが回ってくる。今回は自分の会話のターンの重要性を書いていく。

恋愛は男女のゲームといってしまって良い。リアル恋愛ゲームと考えるのだ。

恋愛ゲームをプレイしたことがある人はわかると思うのだが、ヒロインを選び、行動ルートを選び、会話を何個からの選択肢の中から実行する。

現実世界でもやることは実は同じなのである。もちろん、そんな急展開あるかよ‼︎という無理やりな展開もゲームだからあるのだが案外現実世界でも、突然のハプニングや急展開な想定外な出来事は起こったりするものだ。


ゲームのルールを考え、ターンを意識する

ゲームにはルールがある。中でもRPGには戦闘中に自分と敵キャラクターとの交互に行動する「ターン」というものがある。

これのターンが会話でも非常に重要なのだ。

わかりやすく言うと、つまり何かについて語る際に、今が自分のターンなのか?それとも相手のターンなのか?

を常に把握するように心がけることを意識していこう。

そして相手のターンを奪ったり、逆に渡してあげたりするわけである。この強弱がうまいと会話上手と思われたり、魅力的な人と思われたりするのである。

これにはバランスが大事である。

「ずっと俺のターン!!!」

ではダメなのだ。芸人なども同じなのだが自分が面白いことを言うターンと、他の芸人が面白いことを言って自分は笑わせる雰囲気を作って突っ込みをするターンと、それぞれのターンがスムーズに進行することによって番組は面白くなるのである。

売れよう、目立とうとして誰か一人が突っ走ってはダメなのだ。

ホストももちろん同じで、お客様(姫)が話して同調して盛り上げるターン、担当(王子)が話して盛り上げるターン、ヘルプホストがオチで飲むターンそれぞれがスムーズに進行するよう意識しておかなければならない。

それには慣れが必要であり、空気を読む力が求められるのである。

 

出会ったばかりの時は自分のターンは多めに

もっと良いバランスは相手の女性によって個人差があるのだが、わかりやすく割合でいうと出会ったばかりの頃は、男が7、女が3くらいがやりやすいと思っていて問題ない。

そして仲良くなっていくに従い、この話す割合を逆転させ女性に喋ってもらってあなたは聞き上手に徹するのだ。

 

むむむ

 

合コンやナンパなどでの女性との出会いで、まだあまり仲良くなっていない頃は【常に自分のターンからスタート】させるべきである。

これを相手に先にターンを取られてしまうと主導権を握られてしまうか、もしくは女性から興味を持たれないので最初から聞き上手に徹しようとは思わないほうが良い。

 

自分のターンでは自分を語れ

合コンや飲み会では非常に重要になるのだが、自分のことをわかりやすく周りに伝えるという技術。これができると周りから一目置かれるのだ。自分のことを周りに伝える技術というのは女性はあまり持っていないことが多い。

なので自分のことをはっきりとわかりやすく伝えることができるとそれだけで、女性から見て魅力があるのだ。

自分のことを自分のことを語ると言っても、実は練習しておかないと難しいものである。なので自分のことを短い言葉で語れるよう練習しておこう。

語りはおたがいのことを理解したり、自分の良さを伝えるのに非常に効果的である。語りがあるのとないのでは全く違うのだ。

自分の考えていることや自分の過去、夢、好きなこと、嫌いなこと、興味あることなどを語るのである。

人にはそれぞれ生きてきた歴史があるので、それをピックアップしてオリジナリティを加えて話そう。

例えば、

 

男性
俺はずっと〇〇の地元で学生時代サッカーばかりしてきて、就職して接客業やってるんだけどモンスタークレーマーにぶちのめされて、休みは癒しを求めてアニメや映画の〇〇を見てて疲れを癒すために岩盤浴と温泉行きたい〇〇歳の芋焼酎と塩辛が大好きな〇〇です

 

みたいな感じで、文字なので無理やり詰め込んでる感はあるが、女性がどこで興味を持つかわからないので拾いやすいように、なるべくたくさん自分のことを伝えるようにしよう。

女性が突っ込んできたらそこについて詳しく語っていけば良いので、最初の頃は自分のことを、自分の生き様を売り込んでいくのだ。

最初に自分のターンを取り、自分をアピールするということでまずは女性に興味を持ってもらい主導権を握れるようにしていこう。

 

まとめ

会話の相手との会話で気持ちの良い相づちを入れることができているなと感じることができたら、自分のターンも意識していくのだ。

自分のターンでは自分の生き様を語り、女性のターンでは聞き上手に徹する。他の人がいて盛り上げるところは盛り上げ、メリハリをつけて会話していくよう慣れて練習して、モテる男になってもらいたい。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-基本中の基本

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.