人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

基本中の基本

お姫様扱いしてモテる

投稿日:

女性にモテたければ女性をお姫様扱いすること、これに限る。

ほとんどの女性は「自分を女としてみてほしい」という欲求がある。そしてその欲求を叶えてあげよう。女性に対して、常に気持ちは少女漫画に出てくる王子様でいてあげるのだ。

女性をお姫様扱いするというのは正直面倒臭く、見返りがないとその労力を掛けられないと思う。よって好きな女性や、付き合いたいと思う女性にしかしないと思うのだがそれではいけない。

私は職業柄全ての女性にお姫様扱いすることに慣れてしまっているので、それが普通になってしまっている。

気をつけなければいけないのはみんなにお姫様扱いするのではなく、必要なのは個人個人を特別扱いしお姫様扱いしているように思わせること。

こちらがどんなに相手をお姫様扱いしていても女性がそう思わなければ意味ないし、逆にこちらがみんなにお姫様扱いしているのに、私にだけにしていると思わせることができるならもうそれで成立しているのである。

 

お姫様扱いとは

「お姫様扱い」というのは、男性が女性の言うことをなんでも聞いてくれるという意味ではないのだ。基本は女性のことを敬い大切にして、丁重に扱うことである。正確には女性から

 

女性
私のこと特別扱いしてくれてる

 

そう見えるということが大切だ。

女性を喜ばせたい、女性の笑顔が見たいと思うことを考えて実行するのである。

 

心配して構うこと

とりあえず何かにつけて連絡して心配しているということを伝える。女性は自分のことを心配されて嫌な気持ちがする人はいない。

台風や地震があった時なんて勿論のこと気温差が激しい時、何か事件があった時などは必ず、『大丈夫?』とLINEでもメールでも送ってあげよう。

大丈夫は魔法の言葉で大丈夫?と聞かれたら心配してくれてるから返信しなきゃという思考になり、嬉しいものなのだ。

女性から連絡が来たから返すのではなく自分から積極的に連絡し、女性に構う癖をつけよう。当たり前だが男性はどうでも良い女性に対して心配したり、連絡をしたりしないと思うのだがそれをすることにより、女性からはこの人心配してくれるし私のことを気になっているのかも?と思わせることができるのだ。

 

会った時には

カフェなどのお店では景色の良い席に座らせてあげたり、居心地が良さそうな方の席に座らせてあげる。食べ物と一緒に女性の写真を撮るなどして、普段男性が彼女にしかしないだろうなということを考えて行動することが大切である。

 

 

常にレディファーストを心がけよう。そして、あなたがその女性といる時は自分が楽しいという気持ちになり、笑顔でたくさん接することが重要である。

 

まとめ

女性をお姫様扱いしてモテるということだが、勿論なんでもかんでも女性のワガママを聞いて優しい男になるということではない。

あくまで女性を大切に思い、心配して構い、会った時には笑顔でレディファーストで接するのだ。そしてできる限り女性の味方をすること。

女性は自分の味方になってくれた男性に対して好意を抱きやすいので、できる限り味方だということを伝えよう。

冷静になって考えてみると女性を特別扱いしてお姫様扱いすることは、女性を大切な存在と捉えれば自然とできることであり、全然難しいことではない。慣れてしまえば当たり前のようにできるので、どんな場面であれ女性をお姫様扱いすることを常に心がけてほしい。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-基本中の基本

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.