人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

モテる心理学

モテるロマンチックレッド効果

投稿日:

恋の炎なんて表現があるように恋心とは時に、真っ赤な炎のように燃え上がるものである。そんな比喩になぞらえてか、昔から赤には人々の精神を高揚させる心理効果があるとされている。

それが本当なら、密かに恋心を抱く相手と会う際にはいつでも赤い色のファッションに身を包めば、恋愛成就の可能性が高まることになる。よし、これから出会いの場や合コンの時は必ず赤い服を着ていこう。と意気込むのは良いのだが、赤い服を着ていれば誰でもモテるという簡単な問題でもないので、ここでは赤が恋愛に有効な色という心理学のロマンチックレッドの効果を紹介していく。

 

赤色で魅力アップ

色によって人の心が大きく左右されることはよく知られている。

黄色と黒の組み合わせは危険を感じる色。蜂の体の色や、踏切の遮断機は黄色と黒であり、黄色と青の組み合わせはパワーを感じさせる色。陸上競技場、スポーツのユニフォームによく使われる色の組み合わせである。

では、恋愛に利用できる色は何だと思うだろうか、

そう、それが赤なのである。まずこれを見てもらいたい。

2008年に発表された学術研究論文『ロマンチックレッド』で、赤が女性に魅力を与えることが示されている。

 

論文を書いたアンドリュー・エリオット教授とダニエラ・イニエスタ教授はこんな実験を行った。

ある女性の白黒写真を用意し、写真に写る女性の背景だけ色を変える。赤、青、緑、グレーなど、様々な色を背景色に設定し、背景色が異なった写真を男子大学生たちに見せてどの写真の女性に性的な魅力を感じるか調査すると…

なんと赤色の背景に写った女性が圧倒的に人気が高いという結果になったのである。

 

 

同じ人物なのに背景色を変えるだけで全然イメージが違い、モテ方が変わってしまったのである。

興味深いのは、男にとっての赤色は、性的興奮や異性としての魅力をアップさせる心理作用がある点。前出のアンドリュー・エリオット教授によれば、これは霊長類のオス全般的に見られる作用だそうで、極めて本能的なもの。つまり、モテたい男は赤いファッションを意識すべきである。

また、動物の世界では赤色は性的な色として有名である。
猿など繁殖期になると体の一部が赤くなる動物の話はよく耳にすると思う。

人間の祖先も元は動物なのでその遺伝子が強く残っているということである。

また、色彩心理学の点からも赤い色の光は人を興奮状態にする。

赤色は人をより情熱的に、そして魅力的にするということが含まれていることは
間違いないということである。

 

赤は強さを表す

人間においても女性は体力的に優れている男性に魅かれることが分かっているので、赤を身につけることで強い男だと女性に認識される。

日本語では赤ん坊、赤ちゃんという言葉があるように、生命力にあふれた者に対して赤という字を使っている。
還暦には赤いちゃんちゃんこを着て、更なる健康と長寿をお祝いし祈るだろう。
風水でも赤は健康になる色、エネルギーの源とされている。

 

 

運命の赤い糸という言葉もこれまた有名である。
これは中国から来た言葉であり、赤い糸には決して切れない強い運命の力があるとされているのだ。
また、ユダヤ人の文化でも赤い毛糸を左手首に巻くと災いから身を守ることができると伝えられており、お守りとして今でもアメリカに広まっている。

このように赤色は昔から強さの象徴として使われてきたのである。

最近だとアメリカのトランプ大統領も毎回赤いネクタイをしていることに気づいた人も多いのではないだろうか。

自分の強さや力を示したいときには、必ず赤いネクタイをして演説や会見をするのである。アメリカ国民に頼りになる指導者という印象を赤を利用して与えているのだ。

 

まとめ

いかがだったであろうか。赤の効果を知っていただけたことと思う。女性に対してモテる効果のあるロマンチックレッド。

しかしだからと言って全身真っ赤な服を着て出かけないように。小物やアクセサリーや柄など本当にワンポイントでいいのだ。ワンポイントで赤があるとオシャレに見える。

主張しすぎないように上手に取り入れて、女性から情熱的で強い魅力的なモテる男になってもらいたい。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-モテる心理学

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.