人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

自己紹介

自己紹介その1

更新日:

私は自他共に認める女好きである。いや正確には女好きになってしまった。そんな私の自己紹介をしたいと思う。

 

大学で価値観が変わる

私は高校時代は部活でスポーツに打ち込んでおり勉強はほとんどしなかった。今英語をきちんと学んでおくべきだったと後悔しているが当時はスポーツすることが楽しかったのだ。好きな女子はいたが彼女なんてものはいなかった。

スポーツ推薦で大学に進学したものの私はとある病気に悩まされスポーツを続けることが難しくなった。ドクターストップがかかったのである。本当に悲しく目の前は真っ暗になった。19歳の夏のことだった。

 

 

しばらくふさぎ込んでいたが、せっかく大学にも進学したのだから辞めても親も悲しむし勉強はやる気ないけど卒業だけはするか、とそのまま通うことにした。

教習所にも通っていたのだが、その時に高速実習で一緒だった女の子と仲良くなり付き合うことになった。人生で初めての彼女である。そんなに好きではなかったのだが、大学の周りの友達らは彼女ができ始め自分だけ取り残されると思って焦りもあった。

大学の友達の一人にイケイケでプレイボーイなジョージという奴がいた。ジョージは大学に来ても講義には出ずにサボってばっかりだったが、男女問わず人気があって周りには常時たくさんの人が群がっていた。ジョージは常に彼女を5人くらいストックしていて私はそんな彼が羨ましかった。彼といるうちに私も彼みたいになりたいと思っていた。

A子との出会い

ある日ジョージが私のことを気になっている女の先輩がいるから紹介したい、と言ってきて私は紹介してもらうことにした。大学内で紹介してもらうと、ジョージの彼女の一人の女の子の先輩でA子という雛形あきこみたいな非常に色っぽいオーラを纏った先輩だった。私は当時は年上の女性に憧れていたので一発でA子のことを気に入り、何回か会ううちに告白して付き合うことになった。教習所の彼女とはもちろん別れたのだが私は好きなA子と付き合えて毎日幸せだった。

A子は私に男としての歓びを教えてくれた。女とは何かを教えてくれた。その時は本当にA子のために人生を注ぎ込もうと思っていた、毎日幸せだった。それほどに骨抜きにされたのである。

 

 

幸せな日常はそんな長く続くわけでもなく、、、A子は浮気をしていた。浮気というより正確には私は遊ばれていたのだろう。モテる女だったし自分に魅力がないからだと、私は自分を責めたし自暴自棄になった。

そんな時ジョージが私に『ホストの体験入店行ってみない?』と誘ってきた。私はびっくりしたがA子のことが忘れられずにヤケになっていたのもあり、気分転換に行ってみるかと軽い気持ちで行ってみることにした。

自己紹介その2に続く

自己紹介その2

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-自己紹介

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.