人生は『モテる』だけでうまくいく

モテ男LIFE

基本中の基本

自分の仕事に誇りを持つ

更新日:

モテる男というのは基本的に仕事ができる男である。ダメ男が好きな女性も一定数いるのだがここでは世間一般的にみて、仕事ができるモテ男について書いていく。(ダメ男としてモテる方法はまた今度書いていくことにする)

女性という生き物は仕事ができる男性が好きだと言いながら、実際に仕事ばかりして自分のことを構ってくれない仕事第一人間は嫌いである。非常にわがままなのだ。

また女性は子供を産める年齢も決まっているので、逆算して結婚したいと思っているもので、収入もある程度ある男性に弱い人もいる。ただし男性の職業というものには世間体が気になるくらいで、仕事内容まではそこまで興味がないことが多い。

たまに職業だけで男性を選ぶ女性もいるのだが、もし自分が女性が望む職業じゃなかったらすっぱり諦めることをオススメする。結婚願望が強すぎる女性は怖いので、色々とリスクも高いので心して口説こう。モテる男というものは誰でもかんでもにモテれば良いのではない、自分が気に入った子にモテれば良いのだ。

 

モテるだけなら職業、収入は関係ない

結構世の中の男性は『女は金があればいいんだろう』と思っている人が多いのだが、これは実は間違いである。勿論収入が多ければ多いほど良いという女性もいるのだが、基本的に女性は仕事に誇りを持っていて、尚且つ自分のことを一番に考えてくれる男が好きなのだ。

つまりモテるということにおいて男の職業、収入は関係ないのである。勿論魅力的な職業や高収入な仕事は素晴らしいので可能な限り目指すべきだが、モテる男として考えるならば、それらはあくまでプラスアルファにしかならない。

なので女性から見てどんな仕事であれ、仕事に誇りを持って頑張っている姿を見せることが重要である。女性は頑張っている男、できる男が好きなのだ。ただし自分が頑張っていたところで相手からそう映らなければモテることは難しい。ここでは8個のポイントを紹介しようと思う。

 

①頭の回転が早い

女性が男性の仕事ができるかどうか判断する材料に、どれだけ効率よく仕事をこなすことができるかという点が挙げられる。長時間かけてダラダラやらず短時間で無駄のない仕事をするイメージだ。このようなことは要領が良くないとできないことであり、頭の回転が早いといえる。知識や経験も勿論あれば良いのだが、仕事に対して計画的である程度、応用して取り組むことが大切だ。

 

 

仕事を進めていく上で何が無駄か、どこからこなしていけば良いかの優先順位を決定し、不測の事態への臨機応変な対応ができることにより、頭の回転が早いと女性は感じるはずだ。

 

②人脈が広い

仕事ができる人は、知り合いが多く人脈が広い傾向がある。若い世代から高い世代とバラバラで特定の職業や業界に偏ることなく、多種多様なジャンルの人とコンタクトをとることができる。さらに、そうやって人脈を広げていくことで、新たな仕事や出会いがあり、大チャンスをつかむこともできるのである。

そしてキャリアアップの転職をする時がきてもそういったコネクションがあるため、効率よく自らのキャリアを上げることができる。ただし女性にモテるのであれば仕事関係の付き合いとはいえ、他の女性との付き合いを必要以上に見せてしまわぬように気をつけるべきである。

 

③知識が豊富である

頭の回転の速さや人脈を広げるには、ある程度の知識が必要である。逆に知識がない人は良い仕事ができるとは思えない。

まず、知識を得るために勉強したり、あるいは1つの専門的なことに没頭する集中力などの過程の中で人は脳を使っている。ただ知識を集めるだけでは頭を効率よく使えるようにはならない。大切なのは集めた知識を使えるかどうか。使うことによって初めて脳が活性化するのである。

 

 

ただ知識といっても手当たり次第に学習するのではなく、自分にとって必要であると思える知識を得ていく必要がある。幅広いジャンルの知識を持っているのも良いが、自分の得意な1つの専門的なことを極限まで調べ尽くすのも女性からは仕事ができる男と思われるのである。

 

④言い訳をしない

仕事ができる人間がなぜしっかり結果が出せるかというと、その仕事に対する責任感が半端なく強いからである。自分が受けた仕事に対するプライドと絶対失敗させないという強い責任感があるのだ。

そのプライドや責任感を踏みにじるような格好悪い言い訳など勿論しない。1つのミスや結果に対して誰か他人のせいにしたり、意味のない言い訳をするような無様な格好悪い姿はさらさないものだ。言い訳をしなければならないような中途半端なやる気ではなく、自分の持てる全ての力量で仕事をするのである。言い訳をしない男は、女性からみて格好良くて仕事ができる男なのである

 

⑤フォローがうまい

仕事をしていくには自分のことばかりを気にしては駄目である。仕事は他者との共同作業であることが多く、自分だけ足早に進んでいては周りの人はついてこないので、いざ協力が必要な場面で誰もいないということになりかねない。しっかりと結果が出せる男は自分のこと以上に周りの状況を見ているのだ。

もし、作業中で誰かがミスをして落ち込んでいれば、一声掛けるなどケアを怠らず、復帰できるように手伝ったりする。また、身体的あるいは精神的に優れない人と調子の良い人との仕事量のバランスなどを調整することもある。これで、チーム全体そして会社全体の目線で効率よく仕事できるように配慮しているのだ。何気ないフォローをあなたも意識して仕事ができる男を目指してほしい。

 

⑥無駄口をたたかない

仕事中に無駄口の多い男は周りから信用されない。適当なことを言ったり、うるさくベラベラ喋っていると、真面目にやってないのではないかとか、結局たくさん喋っているけど何を言いたいのかわからないと思われてしまうのだ。男のくせにベラベラうるさいと裏で言われてしまうことになる。

仕事の出来る男は、やる時には集中して仕事をこなし、そして緩める時には雰囲気を和ませようと明るくジョークを言ったりもするものである。つまり言葉のメリハリも大切で、黙ってもくもくと作業する姿は、かなり格好よく女性から仕事ができる男と思われるのである。

 

⑦感情的にならない

忙しくなるとイライラして、周りにあたったり仕事からくるプレッシャーによるストレスで、パニックをおこしたりする人がいる。しかしそうやって感情的になり周りが見えなくなると、余計に仕事へのパフォーマンス力が低下してくるのだ。また人間関係も悪くなってしまうので、更に仕事がしにくい環境になりこれでは良い結果は得られない。

その一方、仕事のできる男は感情的ではなく、理性的に物事を捉えることができる。それはなぜかというと感情的になることに何のメリットもなく、デメリットばかりであるということを理解しているのである。そして、仕事のできる男はその場の出来や状況を判断するのではなく、長い目で見て先のことを予測しながら考えているのだ。

 

 

今の状況は悪くてもここから挽回できると踏んだり、タイミングを測ったりと考えることができる。その先の展開を予想することで、その場の短期的な感情に支配されるようなことはないのだ。勿論成功ばかりではないし失敗もあるので、必ずしも耐えることにより良い結果になるとは限らないのではあるが。それでも怒りにまかせ感情的になって取り戻せるかもしれないものを、みすみす失ってしまうよりはマシだということをわかっている。感情的にならず、冷静に物事を見られることができるというのは、やはり仕事のできる男なのである。

 

⑧新しいものを使いこなす

発売したばかりの新しい物を簡単に使いこなしている男性というのは女性から見て格好良く見えるものである。新しいものを使いこなす男性は、好奇心が強く頭が柔らかいので仕事面でも上手くやっている傾向があるのだ。

新しい物を使いこなすために自分で調べて順応する力は、仕事にもダイレクトに影響するもの。それに未知なるものへの好奇心が強いことも、仕事ができる男性の特徴なのである。

よく「私はアナログ人間だからわからない」という人がいるのだが絶対にやめたほうが良い。今の時代、スマホ1つで何でも調べられるのだ。それを調べずにアナログ人間という言葉を使って思考停止しているようでは仕事ができる男とは言えない。そもそも新しいものを使いこなせる部下は上司から重宝される。上司からの信頼を得れば、良い仕事をもらえて自然と出世のチャンスもくるのである。

 

まとめ

少し長くなってしまったが、仕事ができる男が女性にモテるというのは伝わったと思う。最後になるが仕事ができてモテる男になるという心意気は素晴らしいのだが、実はここまで書いてきたことを全部頑張ろうとしなくて良いのだ。いちいち頭で考えずに、純粋に自分の仕事に誇りと自信を持って取り組めば良いのである。

 

 

そして目標を持つこと。目標を持つことによりモチベーションを維持することができるのだ。何の目標もなく適当に仕事をやっている人は、当たり前だが期待している以上の成果は出ないのだ。どんな職種、仕事でもやることは同じである。

今の実力で満足することなく、常に上、もっと上を目指して仕事ができる男になってモテ男になってもらいたい。あなたの仕事を頑張る姿勢を女性は見ているのだ。

  • この記事を書いた人

moteo.life

悩める男女の恋愛アドバイザー。ここでは歌舞伎町某店のNo,1ホストとして培った『モテる』テクニックを一切惜しまず公開します。一般社会でも使えるようわかりやすく解説するのでモテたい男子、売れないホストにぜひ読んでもらいたい。

-基本中の基本

Copyright© モテ男LIFE , 2019 All Rights Reserved.